空室を対策するための清掃方法


オーナーさんにとって困るのが空室ですよね。
空室があると家賃が入ってこないだけではなく、入居者を募集するためのコストがかかってしまいます。
しかし、清掃をおこなえば空室の対策ができます。
そこで今回は、空室を対策するための清掃方法についてご紹介します。

▼空室を対策するための清掃方法
■床
床はホコリを立てないように取り除くようにしましょう。
床の木目に沿って拭き取るようにすると、床面や継ぎ目に残らず綺麗に取り除けます。
フローリングの場合は、フロアモップを使って部屋の隅から中心に向かってゴミを集めましょう。
汚れが酷い箇所は、洗剤を吹きかけスポンジでこするようにしてください。

畳の場合は、目に沿ってほうきや掃除機でゴミを取りましょう。
目に沿わないと畳の間にゴミが入り込み、傷ませてしまいます。
汚れが気になる箇所は、よく絞った雑巾で水拭きしましょう。

■壁
手垢や皮脂、たばこのヤニなど洗剤で落ちない汚れは、重曹水で落としてください。
水100mlに重曹小さじ1杯の重曹水を、汚れた箇所に掛けて水拭きをしましょう。

■天井
天井は放置しておくと、ホコリが溜まり黄ばみが出てきてしまいます。
脚立を使いながら、マイクロファイバークロスなどでホコリを取り除きましょう。
天井掃除をすると、床にホコリが飛び散るので最初におこなうようにしてください。

▼まとめ
空室を対策するためにはきちんと掃除をすることが大切です。
原状回復工事をおこない入居前の状態にして、定期的に掃除もすれば綺麗な状態をキープできます。
室内を綺麗にしておけば、入居者が見つかりやすくなるので空室対策となりますよ。
掃除は無料でできるので、コストをかけずに空室対策ができるのおすすめです。