賃貸物件の空室対策はどうするべき?詳しくご紹介


賃貸物件は、入居者がいないと利益を得られません。
利益を得られないのはもちろん、入居者募集のために広告を出すとなるとコストがかかります。
では、賃貸物件の空室対策はどうするべきなのでしょうか。
詳しくご紹介します。

▼賃貸物件の空室対策
■ 家賃は相場を目安にする
物件を選ぶポイントで重視されやすいのが家賃です。
毎月支払える家賃かどうかで物件は選ばれるので、家賃設定は重要です。
家賃の目安は、相場を参考にしましょう。
物件を探している人は、エリアの相場を参考にしながら探すので他よりも高いと選ばれづらくなってしまいます。
家賃は、ネットで検索すれば簡単に出てきますよ。

■間取りを変えたり、設備を改修する
物件はその時の流行りがあります。
当時は人気の間取りだったとしても、現在は不人気な間取りになっている場合もあります。
どんな間取りが流行っているかをリサーチし、人気の間取りに変更すれば入居者が現れやすくなります。
例えば、2Kタイプを1LDKタプにしてみたり、和室を洋室に変更してみるといいでしょう。
間取りだけではなく、設備を改修するのもおすすめです。
エアコンを設置する、オートロックや宅配ボックスを導入するのも効果的です。

▼ネットに情報を掲載する
物件情報をチラシに掲載することもできますが、できればネットに載せることをおすすめします。
最近では、多くの方がネットで物件を探します。
そのため、ネットに掲載したほうが多くの方が情報を見てくれます。

▼まとめ
賃貸物件の空室対策は、家賃を相場に・間取りを変えたり、設備を改修する・ネットに情報を掲載するなどがあります。
空室があると、コストだけがかかってしまいます。
空室でお困りの場合は、ぜひご紹介した内容を取り入れてみてくださいね。