原状回復のトラブルを減らすためのポイントとは


賃貸物件のオーナーなら、退去時のトラブルを回避する方法を知りたいのではないでしょうか。
賃貸物件のトラブルで多いのが、原状回復に関するものです。
そこで今回は、原状回復の問題でトラブルを減らすためのポイントをご紹介していきます。

▼原状回復のトラブルを減らすためのポイント
■入居時は現状をしっかりと確認してもらう
原状回復のトラブルを減らすポイントは、入居時が最も大切です。
ここでしっかりと物件の現状を共有しておくようにしましょう。
例えば、物件に傷があれば、お互いに確認して記録しておきます。
記録をすることで、退去時に問題が生じる可能性を減らせます。

また、設備に関しても細かくチェックしておきましょう。
特にエアコンなどが備えられている物件なら、リモコンの有無はトラブルになりやすいです。
原状回復の問題を発生させないためにも、入居前にしっかりと確認しておきましょう。

■契約内容をお互いに確認する
次に大切なのが、契約書の内容です。
多くの物件では、国土交通省のガイドラインに基づいて契約書がつくられています。
そのため、原状回復のトラブルは減少傾向にあります。
しかし、原状回復とは、その範囲がわかりにくいものでもあります。
そのため、どのようなものが借主負担なのか、あるいは負担がないのかを説明し、お互いに契約書の内容を確認するようにしましょう。

▼まとめ
原状回復のトラブルを減らすためには、入居時や契約書の確認が大切です。
弊社は原状回復のトラブルを減らすためのサポートを、提供させていただいております。
原状回復のトラブルが心配な方は、ぜひ弊社にご相談ください。